これからメダカを飼育する方へ、私の初めてメダカを、飼い始めた頃のメダカの飼育日記

メダりん
みなさ〜ん こんにちは〜、メダりん
@medaring1979)です。

当ブログは、メダカについていろいろ書いていきます。

まずは、私のメダカを飼育しはじめてから最近までの飼育日記を簡単に書いていきます。

最初は、4匹くらいでしたが現在は20匹以上になってます。

これから、メダカを飼い始めようと思う方は是非、参考にしてください。

メダカを飼い始めた頃

メダカを飼い始めたきっかけは、夏休み祖父母の家へ泊まりに行った時に数匹のメダカをもらってきたのがメダカを飼い始めたきっかけです。

最初の頃は、2週間もしないうちに1匹が星になり3週間もしないうちに全滅してました。

原因は、何も知識が無い初心者だったので、見栄えがいい水槽に入れて玄関に飾っからです。

しかも、もらってきたホテイアオイをそのまま入れてしまって、メダカの泳ぐスペースがくなってます。

メダりん
それなりに、ネットで調べて飼い始めました。
注意した事
・水道水には、カルキ(残留塩素)が含まれているのでカルキ(残留塩素)を抜いてあげる。

水をバケツに入れて数時間置いておくと自然に抜けるのですが、今回は市販のカルキ抜き剤(100均で購入)を使用します

餌は、1日3回でが基本です。

で、一週間に一回3分の2程の水を入れ替えます。

一週間で、凄い糞の量で、水の汚れがすごいです。

今は、こんな感じになってます。

卵があったので、繁殖にも挑戦中。

メダカの卵を採取して飼育

メダりん
メダカの飼育初心者です。

メダカは、暖かくなる春から秋にかけて産卵します。

メダカの卵は、メダカのメスのお腹に丸いものが複数くっついていればそれが卵です。

産卵した卵は、しばらくはメスのお腹についてますが、そのうち水草や藻にくっつけます。

メダカが卵を生むようになったら水草や藻を水槽に入れてあげましょう。

注意
メダカは、口に入るサイズのものはなんでも食べてしまう習性があるのでメダカの卵や稚魚は親メダカとは別の水槽に入れます。

その為、水草や藻はなるべく取り出しやすい物がおすすめです。

取り出しやすい水草は、ホテイアオイやサンショウモがいいのかなと思います。

メダカの卵を採取して飼育

メダカの卵は、親の水槽とは別の容れ物にしないといけないということで、せっせと集めた卵を親メダカとは別の容器へ入れ替えます。

まだ見たことがないメダカの稚魚が産まれるのを楽しみに作業を開始します。

作業をし始めて数日後、卵の容れ物になにやら動く黒い小さな物体を発見しました。

それとは別に、ピンク色のボウフラを発見。

ボウフラは、稚魚や卵の天敵ということで、ピンク色のボウフラは駆除しました。

メダりん
この黒い小さな物体がきっとメダカの稚魚に違いない

そう思い込み、黒い小さな物体を大事に育てる事にしました。

そのため、さらに別の容器に移し替えて育てます。

黒い小さい物体は、どんどん大きくなってます。

ここで、ある疑問が?

メダりん
私の育ててる稚魚は、何故かクネクネ動きます。
メダカの稚魚は、稚魚は、こんな感じに動くのかぁ!

と、思いながら2日がたちました。

その後も、メダカの赤ちゃん用のエサをあげて大事に育てます。

その時に育っていたのがこちらです。


そして1週間、大事に育てましたが、いっこうに魚の動きをしない私の黒いメダカの稚魚達。

そのころには、黒い物体は5匹ぐらいになってます。

グクっていろいろ調べてくれた結果、ボウフラの可能性が高くなりました。

いやいや、ボウフラはピンク色と思っていましたが、いろんな種類のボウフラがいるようです。

私は1週間、大事にボウフラにエサをあげ育てていたということです。

メダりん
もうすぐ、蚊になって血を吸われるところでした

ということで、早々にボウフラを親メダカの水槽へ投入すると、ボウフラは、あっという間に、メダカに食べられました。

メダカと思って育ててたボウフラを育てていた見たいです。

メダカの稚魚を飼育

メダりん
ボウフラを育てる失敗を生かしてメダカの卵を孵化させることに成功しました。

現在は、約10匹の稚魚を確認しました。

こちらがメダカの稚魚の動画です。


メダカの稚魚が、元気に泳いでます。

今朝、クローゼットでメダカに最適な発泡スチロールの箱を発見したので、赤玉土を敷いて稚魚専用の水槽を作りました。

グクって調べたら、メダカは、秋に沢山食べて寒い冬に備えるようです。

10月頃に生まれても、冬を越すのは難しいとの事なので、とりあえず一旦卵の収集は9月末で終了です。

今いる稚魚達は、なんとか大きくしていきたいと思います。

メダりん
さぁ〜、頑張って育てるぞぉ〜。

初めてメダカを飼育し始めた当初の日記まとめ

メダカを飼育し始めた当初は、まったくなにもわからないまま飼育していたのでメダカが数週間で亡くなってしまうこともありました。

ボウフラとメダカの稚魚がわからないくらいの素人でした。(詳細は、記事をご覧ください。)

メダカは、とっても飼いやすい生き物なので正しく飼育すると末永く楽しめます。

当ブログではメダカの飼育の楽しさを伝えていければと思います。