学びwith(ウィズ)実際にやらせてみた感想!料金や入会方法【レビュー・口コミ】

3 min 173 views
あや

あや

みなさん、こんにちは。専業主婦で、3人の子供達を子育て中のママ、あや(@aya_moku1979)です。

今回は、真ん中の5歳の息子が小学館『まなびwith』を楽しそうにやってたのでレビューしたいと思います。

『学びwith』は、5歳の幼稚園児でも動きを取り入れて、あきずに最後までやれる工夫がしてます。

例えば、手のひらのパーとグーを使って小ちゃい『っ』を発声する練習です。

手をグーパーさせながら、楽しそうにやってました。

パパママが大変なのは、

息子

息子

もう1ページやりたい〜

の連続攻撃です。

あや

あや

さすがに、説明しながらたくさんやるのは疲れます。

楽しくどんどん、子供の成長を楽しみながら一緒に学べるのが小学館の『まなびwith』です。

小学館『学びwith』てなに?

あや

あや

では、まなびwithについて詳しく書いていきます。

小学館『学びwith』は、幼稚園の年少〜小学校6年生の9年間の基礎的に学ぶことをサポートし、向上させることを目的としたオリジナルカリキュラムです。

それぞれの年齢に合わせた内容で勉強を進めていきます。

『学びwith』は、年齢ごとにちがいます。

まず、年少から年長コースは4つのコースに分け、

「ことば、もじ」「かず、かたち」「たいけん」「ちえ」

この4つのコースで勉強の楽しさや、学ぶことの素晴らしさを早い段階で体験できます。

次に、小学1年生から小学6年生は

「かんがえる力」「ひらめく力」「つたえる力」
の3つが必修です。

『学びwith』は、以前まではドラゼミで多くのお子様達に親しまれてきた通信講座でしたが、2019年4月に通信講座の内容を改めました。

そして、小学館『学びwith』として新しくスタートしました。

勉強する学科は「国語」「算数」「理科」「社会」「英語」の5つの教科を学ぶことができます。

自分で考える力「思考力」を養うことに重点を置いていて、暗記ではなく自分で考える力が身についていくのです。

小学館まなびwithは基礎的な学習はもちろんですが、高難度の挑戦問題を使い高学年の勉強ができる点が魅力です。

あや

あや

子供の中には、勉強が苦手なお子様もいると思います。

勉強することの楽しさや素晴らしさなどをしっかりと伝えてくれる小学館『学びwith』は勉強するお子様の強い味方です。

色合いやキャラクターを使ってあらわしているので、キャッチーでお子様の取り組みやすい教材だと思います。

小学館『学びwith 』の口コミと評判

あや

あや

まなびwithの口コミをご紹介します。

https://twitter.com/qvdbwne94uqr8ld/status/1298489300179279873?s=12

上記の口コミ以外にも、

『勉強の苦手な子供が楽しく学ぶようになった』

『以前より学ぶことに対して前向きになった』

などの意見が多いようです。

『まなびwith』は、子供に自分で考える力がついたという評価もされているので、子供の学びや思考力向上におすすめです。

教材が分かりやすく、楽しく学べるというのが人気のポイントになっています。

小学館『学びwith』の料金と支払方法

あや

あや

では、料金と支払い方法を詳しく書いていきます。

料金(税込)

 毎月払い6カ月一括払い12カ月一括払い
年少2,310円12,936円25,404円
年中2,585円14,472円28,428円
年長2,585円14,472円28,428円
小学1年生3,685円20,634円40,536円
小学2年生3,740円20,940円41,136円
小学3年生4,015円22,476円44,172円
小学4年生4,675円26,172円51,432円
小学5年生5,225円29,256円57,468円
小学6年生5,555円31,104円61,104円

支払い方法

小学館『まなびwith』は、3種類の支払い方法があります。

支払方法
  • 毎月払い
  • 6ヶ月分一括払い
  • 12ヶ月分一括払い

入金には2つの方法があり、口座引き落とし「WEB口座振替や郵送手続き」もしくはお振込み「払込取扱票」による入金の仕方です。

注意事項

注意点としてクレジットカード払いの取り扱いはしていないので、お振込みまたは口座引き落としの方法になります。

一部例外があり、クレジットカード払いだけの教材ダウンロードコースやwithQubenaタブレット付きコースを選ぶときは支払い方法を確認してください。

小学館『学びwith』の資料請求とお試し教材

小学館『学びwith』に資料請求をするとお試し教材が届きます。

お試し教材は年少から年長コースには共通で「パンフレット」「入会申込書」「会費の案内」が同封されていて年少と年少コース違いは、まなびブックの内容のもじのページとことばのページの違いです。

小学館『学びwith』の入会方法

小学館『学びwith with』の入会方法は小学館『学びwith』の公式HPから入会申請することができます。

もしくは資料請求した際に入会申込書が同封してあるので、入会申込書に必要事項を記入して発送することで入会可能です。

小学館『学びwith 』体験談

冒頭でも書きましたが『学びwith』は、子供を飽きさせない工夫が随所にしてあります。

例えば、体を使った勉強方法(グーパー)や、シールを使って学習したりハサミを使うこともあります。

ただ、覚えるのではなく楽しく体験して少しずつ学ぶことができる工夫がされています。

ただ、子供のツボにハマってしまった時に、抜け出せなくなると大変なので今日はここまでと最初に決めてからはじめるのがポイントです。

小学館『まなびwith 』まとめ

小学館『学びwith』について詳しく書いてみました。

学びwith』は、小学校入学前の子供から小学6年生の子供に向けて学力の向上や思考力を高めるためにとても魅力的な教材がたくさんあります。

学びwith』は、楽しくあきずに最後まで学習ができます。

あや

あや

子供に、勉強の楽しさや大切さを小学館『まなびwith』を使って楽しく教えていきましょう。

あや

あや

ライター

主婦でライターのあやと申します。

今は3人の子供達を育てるママです♪。

私は昔、アメリカで約2年働いていたので英語は得意です♪。

私は記事を書くのが大好きで、詳しく丁寧にを心がけて書いてます。

記事を読んで、疑問や質問などがあれば、お問い合わせかTwitterに気軽にお声掛けください♪

FOLLOW

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。